グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専門診療・CT内視鏡

カテゴリイメージ


腫瘍科


動物医療の進歩やご家族の生活環境・医療に対する意識の向上により、ご長寿の動物が増えています。
しかしながら、人と同様に高齢動物の腫瘍発生率も増加しています。

当院では、様々な腫瘍に対し、確定診断をつけてからの治療という流れを重視しています。診断には、CT、内視鏡を用いる他、皮膚、骨髄、内臓、骨などの生検も積極的に実施しています。腫瘍の治療は長期に渡ることが多く、時間がかかるものとなります。そのため、ご家族のご要望を尊重し、外科治療と化学療法による内科治療を組み合わせた各腫瘍に最適な治療をご提案します。放射線治療についても、推奨しています。放射線療法は国立岐阜大学をご紹介いたしております。

健康診断のご案内

言葉で病状を表現できない動物にとって最も重要なことは、ご家族による腫瘍の早期発見です。当院では、日常的な診察時にも、早期発見の手助けができるよう努めています。健康診断プログラムも用意しておりますので、積極的な受診をお勧めしています。

詳しくは「健康診断」ページをご覧ください


皮膚の腫瘍

早期発見がしやすい腫瘍の1つです。日頃から動物の身体をよく触ってください。しこりを発見したり異変を感じたら、獣医師にご相談ください。
良性腫瘍

脂肪腫

良性の腫瘍です。やわらかい触感が特徴で、ほとんどが治療の必要はありません。

皮脂腺腫

良性の腫瘍です。高齢で発生が多く、出血や膿を伴うことがあります。化膿する場合は切除が必要になります。

犬皮膚組織球腫

良性の腫瘍です。比較的若いときに発生します。ドーム型の円形のしこりが数ヶ月で退縮するため、通常無治療です。

マイボーム腺腫

良性の腫瘍です。まぶたに発生します。視界や外貌上の問題から、切除することが多いです。
悪性腫瘍

肥満細胞腫

悪性の腫瘍です。しこりの周りが赤く見えることがあります。多くは簡単な針生検で診断が可能です。皮膚の他、脾臓や肝臓にも発生します。

扁平上皮癌

悪性の腫瘍です。潰瘍をつくることが多く、皮膚の他、爪にも発生します。猫は特に、白猫の顔への発生が多いです。

メラノーマ(悪性黒色腫)

悪性の腫瘍です。黒色の色素であるメラニン顆粒を含むため、黒く見えるのが特徴です。皮膚の他に口の中や爪に発生することもあります。

乳腺腫瘍

皮膚の腫瘍とともに、早期発見しやすい腫瘍のひとつです。特に、避妊手術をしていないメスの動物は、高齢になるにつれ発生率があがるため、注意していきましょう。乳腺周囲にしこりを見つけたら、早期の検査をおすすめします。
犬では、乳腺腫瘍のうち半数は良性、半数は悪性といわれています。一方、猫では、乳腺腫瘍の8割が悪性です。若い時期の不妊手術によって予防ができます。

卵巣子宮摘出術(不妊手術)については、こちらをご覧ください

血液の腫瘍

症状が分かりやすい腫瘍の1つです。貧血やリンパ節の腫れが認められます。犬、猫も人と同じようにリンパ節があり、顎の下や頚元、脇の下、膝の裏などが分かりやすいです。身体を触っていて、それらの部分にしこりを認めた場合、早期にご相談ください。

リンパ腫

犬は高齢での発生がほとんどです。リンパ節の腫れを触ることができる場合が多いですが、内臓に発生することもあります。一方、猫の場合は、若齢での発生もあります。特に、猫白血病ウイルス(FeLV)の感染で発生率が高まります。また、猫のリンパ腫は、消化器型が多いため、犬と異なり、下痢や嘔吐が見られることもあります。

白血病

犬での発生は稀です。猫での発生のほとんどは、猫白血病ウイルス(FeLV)感染による急性リンパ性白血病です。

骨の腫瘍

ほとんどが高齢で見られます。四肢の骨のほか、顎の骨や脊椎に発生します。

骨肉腫

犬の骨の腫瘍のほとんどが骨肉腫です。大型犬に発生が多く、はじめは手足の腫れが認められ、次第に激しい痛みを伴います。動くことを嫌がったり、歩き方が変わったりします。骨肉腫は進行が早いため、早期発見がより重要となります。猫での発生は、犬に比べると少ないですが、同じ症状が見られます。

筋肉の腫瘍

犬、猫ともに高齢で見られます。硬いしこりを見つけたら早期の検査が望ましいです。

線維肉腫

硬いしこりの場合が多いです。身体のあらゆる部位で発生が考えられますが、特に悪性のものに、大型犬の上顎での発生が報告されています。

ワクチン関連肉腫

猫に発生します。明確な原因は明らかにされていませんが、ワクチン接種部位の慢性炎症が、がん化するためと言われています。発生は稀です。当院では、この腫瘍を予防するため、猫へのワクチン接種では、繰り返し同じ部位に接種しないようにしています。

内臓の腫瘍

動物も人と同様、あらゆる臓器が腫瘍化します。主に高齢で発生し、全く症状が現れなかったり、見た目では分からないことが多いです。最近食欲が落ちた、元気がないといった症状が見られる場合、早期受診をおすすめします。

胃腫瘍

長期間の食欲不振や、お薬ではなかなか治らない嘔吐、体重減少などの症状が認められます。超音波検査やCT撮影のほか、内視鏡で実際に胃の中を見る検査を行います。犬も猫も胃腫瘍の発生は珍しいですが、犬で多いものに悪性の胃腺癌、良性の平滑筋腫、腺腫などがあります。

小腸腫瘍

食欲不振や嘔吐、下痢、体重減少など、感染性腸炎との区別が難しい症状が認められます。猫ではお腹を触ってしこりを見つけることが稀にありますが、多い場合は超音波検査で発見され、続いて内視鏡検査を行います。犬猫ともに消化器型リンパ腫が多く、そのほかに悪性の小腸腺癌、消化管間質腫瘍(GIST)、平滑筋肉腫などが挙げられます。

大腸腫瘍

食欲不振や長期間の血便、便秘などの症状が認められます。特に、便のかたちが平たくなることが多く見られます。直腸検査で実際に触知して分かるものもあれば、超音波検査で発見されることもあります。多くの場合、内視鏡で詳しく検査していきます。ミニチュアダックスフントでは炎症性ポリープが多く見られます。

肛門腫瘍

鮮血便や便秘などの症状が認められます。肛門周囲の皮膚にできものが発生するため、見た目で分かることがほとんどです。特に、未去勢の高齢の雄犬では良性の肛門周囲腺腫の発生が多く、そのほかに悪性の肛門周囲腺癌、アポクリン腺癌などが挙げられます。排便がしにくい様子が見られたり、できものが急速に大きくなったりする場合は早期に検査をしましょう。

肝臓腫瘍

元気食欲低下、嘔吐等の症状が現れます。進行しているものでは黄疸も見られます。多くの場合、血液検査で肝酵素の上昇が認められます。また、レントゲン検査や超音波検査といった画像検査でも発見されます。より詳しい検査としてCT撮影が実施されます。猫での発生は珍しく、犬では肝細胞癌や胆管癌などが挙げられます。

脾臓腫瘍

初期は無症状なため、健康診断時に偶然超音波検査で発見されることがあります。巨大化した脾臓のできものは、破裂し大出血を引き起こすため、急に元気がなく、ぐったりしたり、貧血症状が認められます。脾臓腫瘍の3分の1は良性、3分の2は悪性であり、小型犬より大型犬での発生が多いと言われています。良性の脾腫や血腫、悪性の血管肉腫などが挙げられます。猫での発生は稀です。

腎臓腫瘍

食欲低下や元気消失のほか、血尿やお腹が張るといった症状が認められます。レントゲン検査や超音波検査、CT撮影によって腎臓の形の変化を評価します。犬も猫も発生は珍しいですが、犬では若齢で発生する腎芽腫、悪性の腎細胞癌、猫では腎リンパ腫が挙げられます。

副腎腫瘍

副腎は腎臓のそばに位置し、ステロイドホルモンやアドレナリンを分泌することで身体の代謝をコントロールしている臓器です。副腎が腫瘍化した場合、多飲多尿や多食、疲れやすい、脱毛といった症状が現れやすく、これらの症状は副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)と呼ばれます。まずは血液検査でホルモンの値を測定し、超音波検査やCT検査を行います。進行遅く、数ヶ月から数年をかけて症状が顕著になってきます。良性の副腎皮質腺腫、悪性の副腎皮質腺癌が挙げられます。
同様の症状でも、下垂体と呼ばれる脳の一部が腫瘍化した下垂体腫瘍の可能性もあります。この場合、まれに発作や痙攣などの神経症状が見られることもあります。

膀胱尿道腫瘍

元気食欲低下、なかなか治らない膀胱炎や血尿といった症状が見られます。尿検査を実施し、診断が下る場合もありますが、さらに超音波検査やCT検査など画像検査を行います。犬の膀胱腫瘍は雄より雌で多く、高齢での発生となります。また、ほとんどの場合悪性腫瘍で、最も多いものは移行上皮癌です。