グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専門診療

カテゴリイメージ

ホーム >  専門診療 >  リハビリテーション

リハビリテーション


リハビリテーションとは、身体を元の健康な状態に戻すことを指します。

当院で行うリハビリは、整形疾患や神経疾患の術後から、可能な限り早く元の生活に戻ることを目指して行います。
当院では素手で行う徒手療法、道具などを用いた運動療法を中心に行い、治療に取り組んでいます。

当院でリハビリをおこなったワンちゃんたち

椎間板ヘルニアでは、手術を行うまでの時間とその後のリハビリが必要不可決です。
ご家族の方のご協力も欠かせないものとなりますので、ご自宅でのリハビリも当院からご提案させていただきます。

ピースちゃん
(マルチーズ 手術当時13歳)

腰部椎間板ヘルニアIII度

手術翌々日

椎間板ヘルニアIII度の診断の下、手術を行いました。

この時点ではまだ後ろ足が動かず、腰を持ち上げても自力で立つこともできていません。
術後約3週間

手術翌日からのリハビリにより、苦戦はしているものの、自力で立ち上がり歩行できるまでになりました。
術後約3ヶ月(リハビリ最終日)

ゆっくりとした歩行でも以前のように歩けるようになりました。

回復したと判断し、リハビリ卒業となりました。

くるみちゃん
(フレンチブル 当時3歳)

腰部椎間板ヘルニアⅤ度

手術翌日

腰部椎間板ヘルニアⅤ度の診断の下、手術を行いました。

当初は自力で歩くことが困難で、下半身を支えることができませんでした。
術後2週間

椎間板ヘルニアⅤ度の診断がされていましたが、若齢であることと、手術までの期間が短かったことが幸いし、短期間でかなり回復しました。

この時点で少しだけふらつきますが、大分歩けています。
術後約2ヶ月後(リハビリ最終日)

日頃のリハビリによって、日常生活を問題なく送れるようになりました。

重度の椎間板ヘルニアでしたが、かなり早く回復することができました。

マロンちゃん 
(ミニチュア・ダックスフント 当時10歳)

腰部椎間板ヘルニアⅣ度

手術翌日

椎間板ヘルニアⅣ度の診断の下、手術を行いました。

動画は手術の翌日で、リハビリ開始当初のものです。
この時点ではまだ後ろ足が動かず、歩くことも難しいです。
術後11日目

手術翌日からのリハビリにより、まだ改善の余地はありますが、立ち上がり、歩行できるまでになりました。
術後約2ヶ月(リハビリ最終日)

ゆっくりとした歩行でも以前のように歩けるようになりました。

回復したと判断し、リハビリ卒業となりました。

マロンちゃん
(ミニチュア・ダックスフント 当時15歳)

腰部椎間板ヘルニアⅤ度

手術翌日

腰部椎間板ヘルニアⅤ度の診断の下、手術を行いました。
手術前は痛覚すらなく、歩くことも困難でした。
こちらは手術翌日の様子ですが、このときは下半身を持ち上げることもできていません。
術後約3ヶ月

時間がかかりましたが、ある程度の歩行ができるようになりました。
下半身を持ちあげようとする意思はあるものの、まだ後ろ足がついていっていません。
術後約半年(リハビリ最終日)

長期にわたるリハビリの末、日常生活を普通に送れるレベルまで回復しました。
重度の椎間板ヘルニアだったため、回復まで時間はかかりましたが、飼い主様のご協力のお陰で卒業に至りました。