グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専門診療・CT内視鏡

カテゴリイメージ

ホーム >  専門診療・CT内視鏡 >  腹腔鏡手術 >  卵巣子宮摘出術(不妊手術)について

卵巣子宮摘出術(不妊手術)について


木俣動物病院では動物にやさしい、痛みの少ない「腹腔鏡による卵巣子宮摘出術」をおこなっています。不妊手術には、様々な病気の予防としてのメリットがあります。しかしながら手術ということで「痛くてかわいそう」ということで迷われるご家族もいらっしゃいます。当院では予防的な側面の多い手術だからこそ“痛みの少ない腹腔鏡手術”をおすすめしています。

不妊手術をすることのメリット

乳腺腫瘍の予防

いつ不妊手術をおこなうかによって発生率を抑えることができます。

卵巣と子宮の病気の予防

子宮蓄膿症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、卵巣腫瘍
犬での手術時期による予防効果の違い
初回発情前 99.5%
1回目発情後 92.0%
2回目発情以降 74.0%
2.5歳以上 効果なし

腹腔鏡による不妊手術のメリット

  • 傷が小さいため痛みが少ない
  • 卵巣をひっぱらないため痛みが少ない
  • エリザベスカラーが必要ないことが多い
  • 回復までの時間が早い
  • 肥満犬や大型犬では開腹手術よりも安全

腹腔鏡不妊手術動画

腹腔鏡による不妊手術の紹介動画です。手術の動画も流れますので苦手な方はご遠慮ください。