グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専門診療・CT内視鏡

カテゴリイメージ

ホーム >  専門診療・CT内視鏡 >  一般診療 >  輸血について

輸血について


血液バンクのご案内

犬や猫にも血液型があることや、輸血による治療が必要な場合があることをご存知でしょうか。輸血が受けられれば救うことのできる命がたくさんあります。しかし、残念ながら、適切な血液を確保できないことも多いのが現状です。そこで、当院では、皆様にお互いに協力して頂き、今よりも安定して輸血の為の血液が確保できるよう、血液バンク登録制度を作っています。この血液バンクは、ヒトの場合のように輸血のために血液を保存しておく形ではありません。あらかじめ、血液型判定検査と血液バンクへの登録をして頂き、必要なとき、その中から献血可能な子にドナーになってもらい、新鮮血で輸血医療を行うものです。

救うことのできる命のために、どうかご理解とご協力をよろしくお願いいたします。なお、ご不明な点についてはお気軽にスタッフまでお問い合わせください。

登録の際には…

その子の体の状態を診察いたします。血液型がわからない場合は、血液型判定も併せて行います。

ドナーの基準

  • 年齢が1歳以上8歳以下であること
  • 体重が犬は10kg以上、猫は3kg以上であること
  • 重い病気を持っていないこと
  • 犬はフィラリア予防を行っていること
  • 猫は猫エイズ・猫白血病が陰性であること
  • 伝染病ワクチンを打っていること
  • 猫は完全室内飼いであること

献血して頂く際には

血液が必要になった際に、ご指定のご連絡先に連絡させていただきます。ご来院が可能であれば、献血にご協力頂くことになります。その際、鎮静剤の使用、首の部分の毛刈りが必要となり、数時間病院に預けていただくことをご了承ください。

こちらからPDFデータをダウンロードのうえご利用ください

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。