グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専門診療・CT内視鏡

カテゴリイメージ

ホーム >  専門診療・CT内視鏡 >  歯科 >  猫の吸収病巣

猫の吸収病巣


3歳以上の猫に多くみられ、歯が吸収され骨になってしまいます。

症状

  • 食欲があまりない
  • 顔まわり(特に口)を気にする
  • カチカチと歯を鳴らす
  • よだれが垂れる

以上のような症状がみられず、病気が進行していることもあります。

歯根が消失しています

治療

重症度によって治療方法は異なります。

猫ちゃんが口に違和感を感じているようであれば、早めにご相談ください。