グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専門診療

カテゴリイメージ

ホーム >  専門診療 >  歯科 >  口腔内腫瘤

口腔内腫瘤


症状

  • 口の中にできものがある
  • 顔が腫れてきた
  • なんだか食べにくそう

診断

見た目だけではその腫瘤がどういったものか判断できません。
細胞・病理検査を行う必要があります。

また腫瘍が悪性の場合、CT撮影を実施して腫瘍の浸潤性、遠隔転移などを確認し、
外科的に切除可能かどうかを判断します。

犬の主な腫瘍

悪性黒色腫(メラノーマ)
扁平上皮癌
線維肉腫


左:悪性黒色腫の1例

猫の主な腫瘍

扁平上皮癌

治療

口腔内腫瘍の治療は基本的に外科手術となります。
腫瘍だけを切除するとすぐに再発してしまうため、
顎の骨を含めて腫瘍を大きく切除します。

内科治療の場合

化学療法 抗がん剤を使用した治療
緩和治療 対症療法、痛みや脱水の緩和など