グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専門診療・CT内視鏡

カテゴリイメージ


歯科


動物がおいしくごはんを食べるためにお口の健康はとても重要になってきます。もし動物が口の中をみせてくれなくても異常が起こっていたら気づける症状もあります。

右のようなサインがあったらそれは歯周病に関連しているかもしれません。
  • よだれが多い。
  • 口臭が気になる。
  • ドライフードを嫌がるようになった。
  • 顔が腫れてきた。
  • あごを触ったら痛がったり、嫌がったりする。

歯周病

犬と猫では歯周病がとても多く3歳以上の約80%に歯周病があると言われています。
歯周病は歯肉炎と歯周炎に分けられます。

歯肉炎

歯の表面に歯垢が付着して菌が増えて歯肉に炎症反応がおこり、腫れている状態です。歯科予防処置により改善することができます。

歯周炎

歯肉炎が放置されることにより炎症が進行して歯肉のまわりのセメント質や歯槽骨、歯根膜にまで炎症が及び歯のまわりの組織が壊れていく病気です。

ひどい歯周炎になってしまうと歯を支えている組織が少なくなって左の写真のように歯の根元が露出するようになります。

また左のレントゲン写真のように歯が埋まっている骨との間にも炎症が起こってきます。

このようになると歯を支えている組織に影響が出てくるため歯がぐらつくようになって抜けてしまったり、眼の下が腫れて皮膚の表面にまで化膿が及ぶ場合があります。

下顎骨の第1後臼歯部分が骨の密度が薄くなっているため骨折の危険があります。

ひどい歯周炎になってしまうと歯周治療をしても健康なもとどおりの組織には戻らないため歯肉炎から進行していかないように歯垢や歯石除去が大切です。
歯周病が上顎の骨を破壊すると歯の根元と鼻の中がつながってしまう口鼻腔瘻管になり慢性的なくしゃみや鼻汁の原因になります。
また歯周病により下顎骨が破壊されると小型犬の場合には骨折の原因なる場合があります。

歯科処置について

当院では日帰りで予防歯科処置を行っています。
その際には歯石を除去するだけでなく、口の中や歯の状態をチェックし、今後の予防についてご提案いたします。
麻酔をかけての処置となりますので事前の予約が必要になります。

麻酔下での歯科処置に関しまして

当院では吸入麻酔をかけて歯科処置をおこなっています。
無麻酔下での処置では表面の『汚れ』を取るだけにしかならず、歯の内側の処置ができず歯周病が進行しないようにという治療にはなりません。また大事なのは口の中をよく検査し、今後のその動物の歯周病対策を考えることが大事なことです。さらに無麻酔下では動物を怖がらせてしまい、その後の歯磨きなどに影響を及ぼす可能性があります。当院では歯科処置であっても麻酔のモニターや記録を徹底し、事前に動物の健康状態にも万全な評価をしてからおこなっております。なぜ予防的歯科処置を無麻酔でおこなわないほうがいい処置なのかについては日本の動物の歯科学会である日本小動物歯科研究会が統一見解を発表しています。

歯石やプラークを除去することによりさらなる歯周病の進行を抑えます。

歯科処置前

歯科処置後

最近では歯周病は口腔内の病気だけではなく歯周病に関連した細菌が血液を通じて全身に流れて敗血症を誘発したり、それぞれの臓器に細菌が入って炎症をおこしたりする可能性が言われています。たとえば細菌性心内膜炎、肝炎、間質性腎炎、骨髄炎や関節炎などです。歯周病と全身性疾患との関連性があるため病気の予防としても歯周病予防は大事な面があると言えます。

予約から歯科処置までの流れ

1. 歯科処置の予約

  • お電話(053-475-4700)あるいは来院してご予約を御取りください。
  • 初診あるいはしばらく受診されていない場合は一度来院してください。
  • 診察し、歯科処置の説明(方法、費用など)をさせていただきます。

2. 処置前日〜当日

  • 前日は夜9時までに食事を与え、その後は絶食させて下さい。
  • お水は当日朝6時まで飲ませても大丈夫ですが、それ以降はあげないでください。
  • 予約時間に来院していただき、受付をお済ませください。
  • 診察し、身体検査をおこない異常がなければお預かりいたします。麻酔処置の前に検査(血液一般検査、血液化学検査、凝固検査、尿検査、場合により胸部レントゲン検査、心電図)をおこないます。
  • 検査結果に問題がないことを確認してから歯科処置をおこないます。

3. 退院

  • 診察により異常がないことを確認し、夕方の退院になります。
  • 退院時に歯科検査シートおよび写真をご覧いただきながら説明いたします。
  • 当日はいつもより遅い時間にいつもの半分の食事を与えてください。