グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



専門診療・CT内視鏡

カテゴリイメージ

ホーム >  専門診療・CT内視鏡 >  歯科 >  デンタルケア

デンタルケア


3歳以上の犬や猫の85%以上に歯周病がみられるといわれています。

予防するためには、日々のデンタルケアが必要です。

デンタルケアができるようトレーニングを

乳歯の間は口に触れることに慣れ、歯みがきができる練習をして
永久歯になったらデンタルケアをしましょう。
まずは口を触ることからはじめ、すこしずつ歯に触れたり、歯ブラシやガーゼを使ったりすることに慣れさせていきましょう。
ゆっくり根気よくトライしてみてください。

トレーニングの最初にご褒美を見せ、できたら褒めてご褒美をあげると効果的です。

歯磨きのコツ

◾️ おやつごはんのときに遊びながらトレーニングしましょう


◾️ 「待て」が出来る子はトレーニングの際に
①ご褒美を見せる
   ↓
②「まて」をさせる
   ↓
③ステップ1〜4
   ↓
④ご褒美をあげる

の流れでおこなうと効果的です。

◾️ 上手にできなかったときはトレーニングを一旦中断し、時間をおいて再開しましょう

◾️ ご褒美はトレーニング1回に対して10回ぐらい与える感覚で、
  トレーニングの時間が楽しいもの、良いものだと覚えてもらいましょう。


ステップ1

まずは口周りを触られることに慣れてもらいます。

■ マズルに触れる
■ 口に触れる
■ 口唇をめくる

ステップ2

口を触らせてくれるようになったら、次は歯を触られることに慣れてもらいます。

■ 歯に触る
(最初は1回触ることから始めましょう)
■ 指で好物の味を歯に付ける

ステップ3

歯に触れるようになったら、次はガーゼや歯ブラシに慣れてもらいます。

■ 濡れたガーゼか歯ブラシで1秒触れる

このステップでは磨こうとせず、触れるだけでOKです。
初めは一回のトレーニングで触れるのは1か所のみにします。

だんだん慣れて一度に何か所もできるようになったら、次のステップへ進みましょう。

ステップ4

口は開けずに

閉じたまま

ガーゼや歯ブラシに慣れてきたら、磨くことに慣れてもらいましょう。

■ 切歯(前歯)や犬歯を数秒ブラッシング

口を開けずに行います。
ゴシゴシ擦らずに、軽くなでるように磨きます。